フリーランスの仕事 catalistdesign

フリーランスの仕事 catalistdesign

フリーランスの仕事 catalistdesign

これからのエンジニアは英語力必須?

エンジニアとして英語ができるかどうかは大事でしょうか?現在活躍されているエンジニアの中にも気になる方は多いかもしれません。英語といえばグローバル化も進んでいます、外国人のエンジニアとプロジェクトを共にする機会もあれば、OSS化の波が押し寄せてくる中でドキュメント1つ読めないと困るだろうという意見もやはり多くなっています。少なくとも仕事に必要な英語は読めるし、日本人ばかりの現場であり、社内公用語が英語だなどという発想もなければ大丈夫、という方が実際には最も多いようです。

「プログラムの変数やアプリケーションの機能の名前等まではこなせる」

人によって持っている英語のレベルにも様々ですが、まず日本人ばかりの現場であってもこれくらいの英語力は必須と言えるでしょう。

「英語でのセミナーを聞いてすぐに英語で質問できるようになりたい」

こんな風に考える方の場合、外人と会って話せるときもあれば話せない時がやや多い、などとかなり中途半端な方が多いようです。

やはり日本語で話すレベルと同じくらい英語が話せれば文句はないと言えますが、アメリカに語学留学したり、5年以上働いてみる、外人と結婚する、などかなり大きなチャンスがなければ無理、英会話学校に通えればわずかずつでも向上するだろう、しかし今更の部分が多い、と言わざるを得ない方もいます。

言語として隔たりが大きすぎる日本語と英語の壁をしっかりおさらいしなければならない、というより、英語にとにかく触れる時間を増やすこと、が大事ではないでしょうか。

いまさら聞けない!? vimというエディタの魅力

Linux/UNIXエンジニアやプログラマーにも人気が高いエディタといえばVim、ヴィムはviの仕様を踏襲し、他にも多彩な独自機能を持つ高機能エディタとしてプログラミングの現場でも高い威力を発揮します。プラグインが豊富なことも大きな魅力ですし、それだけ多彩な用途に使用でき、macユーザにもvimファンは多いようです。

■viとは…

非常に長い間UNIX上のデフォルトとして扱われてきたエディタです。よくシステム管理や設定ファイルの編集、スクリプトプログラムの更新などで多用されてきたものです。

■vimの進化

軽量、高速、多機能等評価が高いvimはGUI版もあり、sshでリモートログインした状態でも高い編集機能を利用できます。viと同様にコマンドモードと編集モードがある部分はWindows系の方には多少なれないところがあるかもしれませんが、フレームワークやSDK等のインターフェースを実装できる多様なプラグインが利用できます。Windows、Mac OS、Linux、FreeBSD等主要なプラットフォーム全てで動作しますので、環境によらず利用できます。

コマンドモードでのたくさんの呪文キーペアも新鮮な感じがして、ちょっとこだわりのあるツールだな、と感じさせてくれる、プレインすぎるインターフェースに飽きてしまったエンジニアにもお勧めです。Linux系ではBSD以外であればデフォルトで塔載されているようです。

フラットデザインは何故もてはやされているの?

リッチではなくフラットがいい。何故ならかわいい、という人もいたり、最近はグラデーションやシャドウ、テクスチャ効果を排したシンプルデザインがもてはやされています、ios7での採用もお馴染みでしょう。

このフラットデザインは一体何者なのか、例えば回顧主義としか思ってません、という方も多いようですが、これまでの主流といえるデザインでは、直感的な操作にユーザを誘導したり、端末であればそれが最新型である、画素数もかなり多いなどの宣伝的要素も多分にあったと思われます。また拘っている感じや高級な感じも好きな方は多いでしょう。

これに対してフラットはとてもシンプルですが、デジタルでしかあり得ないようなGUI、既存のものを真似しないような表現が可能だったり、あるいは近代化の精神とも合致する部分が多いという方も多いようです。つまり不必要な装飾を排してしまおう、とか、事物に対してストレートでありたい、居心地だけを求めても意味は無い、といったモダニズム的精神も感じられるという感じですね。

高級感に並ぶような価値として、カラフル、ポップ、などの印象はとてもキャッチーです。またリアルでリッチな表現となれば技術的にこなせない方も多いですが、フラットでは時間をかけずにある程度のクオリティを達成できます。

もちろんどちらが使いやすいかはユーザ次第です。それぞれの価値観も関係します。フラットはフラットで使いやすさを抑えておいて、リッチなデザインもやはりデザイナーとしては習得しておきたい分野ですね。

Sassで最新のCSSコーディングスキルを身につける!

WEBデザイナーやコーダーさんにとって、Sassといえば馴染みが深いという方も多いでしょう。Sassはソーシャルアプリ開発でも採用するところが増えているようです。SassではCSSを簡単に作れてしまいます。基本的にはプログラミング言語として利用してCSSを構築するツールですが、中身的にはCSSとほぼ変わりない、CSSの延長で利用できるなかなかお勧めのツールです。

1 Sassの文法を覚えたら計算式や変数を使って、拡張子scssのファイルを作ります。

2 コンパイルしてCSSを作成します。つまりstyle.scssをコンパイラーにかければstyle.cssファイルが作成されます。

Sassを使うためにはRubyも必要ですが、例えばmacの場合はインストールされていますし、エディターによっては他のアプリ不要でSass環境が構築できます。

あればなおよい、つまりSass向けのフレームワークも是非使いたいものです。Sassを利用したメジャーなCSSフレームワークとしてはCompassが代表的です。CompassはSassの拡張版として配付されています。企業でも導入ケースが増え、WEBデザイナーをメインにユーザ間の交流も盛り上がっているようです。

WEBデザイナーさんもPHPやRubyを書ければますます生産性が上がる、などと言われる中、Sassを利用してプログラミングスキルを磨く、となると一石二鳥ですね。

バージョン管理ならGITがお勧め

GITといえば大規模なソフトウエア開発でも欠かせない、バージョン管理用ツールとして有名です。GITの他にもCVSやSVN等色々なツールがありますが、GITの特徴は分散型であり、CVSやSVNのように集中型のデメリットといえるサーバ接続がロスした場合の影響を極小化でき、常に最新のソースコードを取得、編集、更新ができることになります。

早い話がバグ取りでも使いたいツール、ということでもいいと思いますが、早速使いたいという方はGITまわりのキーワードを知ると便利かもしれません。

■リポジトリ、コミット

リポジトリとはファイルやフォルダーを置くための場所であり、リポジトリに登録する操作をコミットと呼びます。コミットすることで後から履歴をチェックしたり、変更のある時点のファイルを取得することができるようになります。

■クローン

リポジトリを複製する操作をいいます。分散型特有であり、サーバが停止する予定があればローカルにリポジトリを作る、という場合もクローンに当て嵌まります。

■プッシュとプル

プロジェクト全体に自分のコードを取りこむ場合にプッシュ、また他のリポジトリの更新部分を自分のリポジトリに取りこむことをプルと言います。プロジェクトではとても大切な機能ですね。

■GitHub

OSS系シニアエンジニアであればお馴染みでしょう。色々なプロジェクトのためにGitリポジトリをホスティングするサービスです。WEBサービスとして独自の機能も豊富です。ビギナーが世界有数と言われるような開発者の足跡をしっかり踏みしめることができるんですね。

WEBフレームワークを正しく使うコツとは?

WEB開発に欠かせないと言われるのがフレームワーク、たくさんの種類が存在しますが、その基本は無駄な作業を省き、アプリユニークな部分に特化して開発を進めることができ、開発コストを大幅に削減できる、正に量産ムードにあるWEB開発ではうってつけのツールに間違いないでしょう。

しかしながら一方ではフレームワークの乱用に対するクレームめいた声も多くなっているようです。例えばRuby on RailsやCakePHP等のフレームワークをそのまま言語のように意識した場合、HTMLもSQLについても基本がわからないままでフレームワークの基本だけを捉えて開発をしてしまうケースも多かったり、そのままよいシステムが構築できるかというと、新しい技術にフォローするためのスキルが欠けてしまったり、他のフレームワークへ移行するような場合でもスキル不足に陥りがちです。

フレームワークは元になる言語だけを使って構築する場合と比較して実行速度的な面でも負荷が大きく、もちろん最近のものはキャッシングもお手の物、という例が多くなっていますが、コスト依存でキャッシュを利用するという以外の根拠も大切ではないでしょうか。

セキュリティホール対策として利用する、MVCのView部分のコードを限りなく素のHTMLに近づけたい、公開されているコードをスムーズに利用できる等の利点もあります。実装するのが面倒であればライブラリ的にも利用できますから、やはりフレームワークはあるべきものと言えますが、今後はますます行き過ぎた部分も増えてくる可能性が大と言えるでしょう。

デスクトップOS選択の迷いを解消!Linux Mintの勧め

Windows互換のアプリが少ない、似ているものもない、データフォーマットを変換しないと使えないなど、Linuxをデスクトップに採用するといえば多くの方が躊躇してしまう話を聞きます。しかし最近はそうでもないんですね、もはやWindowsの資源消費量には立ち向かえない、と判断してLinuxを採用するケースも増えています。

そんな中で世界レベルで人気が高いのが、Linux Mintと呼ばれるディストリビューションです。ちょっと前まではubuntuが最高人気といわれましたがMintはインターフェースもきれいでオフィス系アプリが標準搭載、アンチウイルスツールもフリーで対応したものがあります。

Windows的にキラーアプリケーションといえば何でしょう?オフィスで高度な機能を使用する場合もあるでしょうし、多機能なアプリではやや不安もあると思いますが、ネットブック以上の目的を満足させるくらいには仕上がっている、という声も多いようです。

OSS系エンジニアとしてLinixを学ぼうという方にも便利ですし、他にはWindowsXPのサポート切れと同時に廃棄を考えているケースでもお勧めです。1台検証用のマシンが増えて安心といったところもあります。30000を越えるアプリが全てフリーで使えたり、セキュリティのレベルも高く、Linux Mint JapanにあるフォーラムやWiki、メーリングリスト等を利用してユーザ同士の交流も盛んです。

Linuxの種類が煩雑でわかりにくい方向けのまとめ

一言でLinuxといってもその種類、いわゆるディストリビューションにはたくさんの種類が存在します。例えばレンタルサーバを利用する場合でもたくさんの選択子があったり、どれを選んでいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。

■Red Hat系

やはりこちらはスタンダードと言える、あるいは企業での利用を前提とした信頼性の面でもまず間違いないと言えるディストリビューションです。有料版のものは例えば東証等のノンストップアプリケーションにも利用され、無料版を後継したと言われるFedora、あるいはCentOSもありますが、Foderaは最新機能をいち早く利用したい方向け、CentOSはサポート無しでRedHatを利用したい方向けと言えるでしょう。

■debian

debianは自由な開発を目指すエンジニア向けのLinuxであり、ソフトウエアやパッケージ類も豊富です。日本でもプロジェクトがあり、勉強会なども盛んですのでプログラマー向けのLinuxと言えるでしょう。

■Ubuntu

debianからの派生ですが、その膨大なパッケージを利用でき、かつユーザインターフェースもレベルが高いという人気のディストリビューションです。サーバやデスクトップ、ネットブック向けにもインストーラーが対応していますので、Windows系のエンジニアにもお勧めではないでしょうか。

■vine

REDHAT系ですが日本語をデフォルトとして開発されているところがミソです。スタートしやすく、また理解しやすいOSですが、ソフトが多くない、セキュリティ対応も遅れがち、といったデメリットが考えられます。

実践向け!仮想化利用のメリット、コツを知ろう!

仮想化はシステムに大きなメリットをもたらすと言われます。また仮想化の適用例にも様々です。一般的な仮想化の利用ケースとしては、

■サーバ統合

WEBサーバやデータベースサーバ、アプリケーションサーバ等、企業の情報システムには様々なサーバがありますが、サーバを統合すればそれぞれに目的が異なるサーバの管理も容易になり、一括して管理できるようになります。

■老朽化してしまったシステムの延命

サーバ自体古く、またアプリも古い、しかし継続して利用する価値はある、という場合にOSを変えることなく容易に仮想化サーバに移行することができ、最新のサーバ上でコストをかけずに運用することができます。

■クライアントの統合

仮想化によってサーバだけでないクライアントの統合も実現でき、煩雑なクライアント管理もスムーズになったり、情報漏えい対策の切り札としてシンクライアントシステムを導入する企業も増えています。セキュリティ管理も強化され、一元管理によって常に最新のウイルス対策も実施可能です。

■ディザスター管理

災害対策として常に待機系と同期を取っておきたい、という場合もコストが気になるものですが、仮想化によってまとめておくことができ、よりフレキシブルな冗長対策が講じられるようになります。

普段漠然と考えているようなシステム改善のアイディアが仮想化によってものの見事に実現できる、そんな予感もかなりするのではないでしょうか。これからもどんどん仮想化技術が進歩し、エンジニアを助けてくれるでしょう。

仮想化スキルをアップさせるために、仮想化のメリットを知ろう!

仮想化といえばサーバ、ネットワーク、ストレージまでシステムの物理層全般を賄うようなツールがたくさん登場しています。またサーバの仮想化がメインになることは間違いないでしょう。ところで仮想化のメリットといえば実際に何でしょう?

■スペースを有効活用

1つにはこのメリットがよく言われます。スペースの縮小はオンプレミスな悩みとして多くの企業が抱えているといわれています。仮想化によって1台分のスペースに十台以上のサーバが設置できればサーバルームを増築することもなく利用できるようになります。

■余剰リソースの有効利用

ハードも性能がアップし、処理能力も飛躍的に向上している反面、余剰リソースについてはなかなか思いつかないようなケースも多く、かなりの余剰リソースが無駄になっています。仮想化によってCPU、メモリやストレージといったリソースを無駄なく利用できることも大きなメリットです。

■クラウド基盤である仮想化

世の中をより便利にするための仕組みであるクラウドでも、莫大な負荷にも負けないサービスを維持するために、仮想化による有効利用の技術は不可欠と言えます。仮想化があってこそ世界レベルでのクラウドサービスが実現できているんですね。

元々はメインフレームのパーティショニングから始まったといわれる仮想化はPCサーバの躍進にともなって個人の環境にまで多大なメリットを提供しはじめています。エンジニアとしても仮想化の本当のメリットは何か、他にもたくさんのメリットを追求すべきと考えられます。

ソーシャルでは物足りないエンジニアにもお勧めの電子書籍サービス

ソーシャルゲームも下火かな、などと感じている方が何に興味を示すかといえば、最近は電子書籍をゆっくりとめくるのがオツなこと、などという方も多いそうです。また電子書籍といえば最近はサービスのエンジニア案件も多く、専用リーダーでロードするビューワーの開発をはじめ書籍検索システムの開発、配信サービスのアップデート案件などが一般的に多い傾向が見られます。最新のWEBマークアップ言語であるHTML5ベースのシステムではローカルに書籍データを保存でき、専用ビューワ端末としてはかなり有用な技術だと言えるでしょう。Javaでの開発やLinux運用、jQuery等最新ライブラリを使用したJavaScript開発のスキルがあればスキルベースとしてほぼ十分かもしれません。

稼動時間はやや多め、また開発内容としてはそれほど大きな負荷は無く、ソーシャルゲームに比べれば裁量部分も少なめでやや負担が大きいかな、というレベルだと思います。また何故だかサービスプロバイダーは社内公用語が英語だったりすることが多いらしく、エンジニアとしてグローバル化についても意識しておくべきかもしれません。

また電子書籍に絡んで注目したいサービスとして、ソーシャルリーディング系のサービスも増えています。SNSをベースとして読書系の情報を共有する、という趣向です。読書を通じたつながりを実現する、というとイメージが難しいかもしれませんが、ソーシャルゲームやアプリ開発の経験者にはとっておきの案件が見つかるかもしれません。

フリーランスに年齢制限や性別制限はあるの?

フリーランスはシニアエンジニアがやはり多く、また比較的年配の方もスキルが達者な方がたくさん案件を受注して活躍されているようです。しかしながら年配の方でもすべての案件に応募できるわけではありません。つまり案件によっては年齢制限を設けている場合もありますし、あくまでも建前、という例も少なくないようですから、まずは紹介を担当するエージェントとの意思疎通が重要になってきます。

また最近は女性のフリーエンジニア層もどんどん増えているようです。特に女性向けの案件はこれです、と提示しているようなところも多く、女性が多い職場だったり、オフィスがきれいなところがいいとか、特別な自分の好み、生活とのバランスを考えた案件提示をしてもらえたりと幅広い対応を示すところが増えています。あるいは女性としてPMをこなすような方も多いですね、たとえばWEBデイレクターも女性のほうが採用しやすいとも言われたりします。

では外国籍のエンジニアの場合はどうか、フリーですから正社員よりは働きやすいという感じもしますが、やはり案件は豊富です。外国といえばアジア近辺の方も多く、中には凄みのあるスキルを有する外人がいて、エンジニア同僚として持つことはかなり有意義なことでスキルアップの励みになった、などという例もあります。

最近は技術環境を含めフリーランスを取り巻く環境もどんどんオープンになっています、やはりコミュニケーションを大切にすることも大事ですし、健康管理にもしっかり意識を働かせることが大事だと思います。

WEBエンジニアはJavascriptに強くなろう!

JavascriptはWEBサイト制作でUI構築になくてはならない技術であり、またFlashに代替できる技術としてもJavascriptは最右翼としてもてはやされています。シンプルなスライドショーをデザインするために活用されるのもJavascriptであり、またより複雑な処理をするためにはjqueryという有名なプラグインを用いてカスタマイズすることが可能です。

最近の1年間でWEB開発におけるJavascriptの利用は50%以上伸びているというデータもあります。ブラウザに拡張機能を追加したりする場合も利用でき、人気のブラウザであるGoogle社のChromeでは実行性能が劇的に向上したと話題です。リリース当初はセキュリティの脆弱性の多さからOFFにして使用する方も多かったものですが、当時からは格段に向上を果たし、開発環境も大幅に進歩しています。

気になるJavascriptの案件の傾向としては、デザインパターンやJavaScriptフレームワークを用いたWebアプリケーション開発もやはり多くなっています。従来のJavaによる開発とは違い、画面遷移も含めたほとんどの処理をJavaScriptで作り込む意識が大きく、大規模なリファクタリング開発等も豊富なようです。従来型のもさもさっとしたWEBではない、ネイティブな感覚に近い、つまりリッチクライアント型の志向性も全面的に意識しておくとベターだと言えるでしょう。

転職採用の条件スキルとして最も多いJava。

エンジニアが習得したい言語といえばもっとも多いのがJavaです。Javaはモダンな言語として様々な分野で使用されています。大規模なSI系案件でもメイン言語といえばJavaだったり、またAndroidを軸としてスマートフォンやタブレットアプリ開発でも採用が多く、大規模から小規模まで様々な案件があり、またそれぞれに専門の経験やスキルが求められます。

Java人気は汎用機で言えばCOBOLに匹敵すると言われ、企業の採用条件としてもたくさんの企業がJavaでの開発スキルを掲げています。また他の言語として人気が上がってきているのがPHPやPerl、Rubyといったスクリプト系の言語です。今後はJavaだけには縛られない、もちろんJavaはスキル判断のためにもっとも意味のある言語かもしれませんが、HTML5の発展もあり、どんどんマルチなエンジニアを求める企業も増えていくことが予想されます。

Javaはもともと家電製品用として開発され用いられてきた言語ですが、そのセキュリティの強さから徐々に汎用的に扱われるようになっています。しかし最近は特にJavaの脆弱性が増えてきています。ゼロディと呼ばれる発見の遅れもあったり、また悪用したプログラムもネット上で横行しているような状態です。時にはJavaを完全に無効にするように大規模な通達があったことも経験者は多いと思いますが、これも考えてみれば有名な言語であるJavaの宿命と言えるでしょう。

フリーエンジニアの案件動向をチェック!

フリーエンジニアにとって常に気になることといえば、案件の傾向はどんな感じで変化しているのか、また確率の高いスキルは何なのかについても大きなポイントと言えるでしょう。また最近はjava開発をはじめWEB系の構築案件の供給が非常に多いと言われていますが、javaといえばゲーム開発も多く、PHPももちろんHTML5に対応させたり、javascript系もできるエンジニアはかなり需要が高いと言われています。ゲームといえばどうでしょう?この世界は流行り廃りがやはり大きいと言えますので、規模が小さかったり知識が十分でないようなエージェントには手掛ける意識がかなり低いところも少なくないようです。つまりゲームであればソーシャルだし、今もっとも流行のWEBデザインを習得でき、エンドポイントとのコミュニケーションができる、と期待している方にとってはどのようなジャンルの開発が多いのかどうかもしっかりチェックすべきと言えます。

最近は中国市場の開拓に意欲を燃やす国内企業が増え、この動きに関連してECサイト系開発も多くなっています。また中国といえばオフショア開発の舞台となるケースも多くなっていますが、やはりエンジニアの中にはグローバル化の中でできるだけ速やかにスキルマッチさせていきたい、という方も多いようです。

HTML5をはじめ資格の動向などもどんどん変化しています。フリーエンジニアだから出来る事はたくさんあります、また逆にフリーエンジニアだからやらなければいけない事もたくさんあることを、忘れないで意識しておきたいですね。

Security as a Serviceがもたらす大きなメリットとは

SaaSといえば、Software as a Service、つまりクラウド型のアプリケーション環境をイメージするかもしれません。またもう1つのSaaSといえばSecurity as a Service、つまりクラウド型セキュリティサービスがありますが、国内でもセキュリティツールの導入・運用コストの削減のために利用する企業が増えています。
SaaSは従来のオンプレミス型の代わりになる新しいタイプのセキュリティソリューションとして、まず自社内でホストするケースに比べて導入や運用のコストを大幅に削減できるというメリットがあります。基本的にサービス提供ベンダーはデータセンター側でセキュリティ対策ツールをホストしますので、たとえばエンドポイントのパターンアップデートについてもユーザが意識することなくサーバ側で一括して処理され、常に最新のバージョンであることがかなりの確率で保証されます。SaaSはアンチウイルスとして新しい技術ではありませんが、管理ソフトの導入やサーバの導入を排してデータセンター側の機能を利用できることになり、常に最新の状態にアップデートされているという強い安心感が生まれることになります。
SaaSによってセキュリティエンジニアはオンプレミスやハードウエアとのアプライアンスを含めより細かいセキュリティポリシーを策定できるようになり、これまでにない理想的なセキュリティインフラを提供してくれる心強いサービスと言えるでしょう。

Rubyにまつわる色々な話

オープンソースのWEBアプリケーションフレームワークとして有名、といえばまさにRuby on Railsを思い出しますが、カカクコムの食べログや楽天市場の管理画面等を含め有名なWEBコンテンツがRuby on Railsで書き直された、などという話題もどんどん増えています。Java-Strutsの流れよりももっと勢いに乗るだろう、と言われる中で、javaプログラマーやVBAやPHPエンジニア、HTMLコーダーに至るまで幅広いカテゴリーのエンジニアがRailsに注目し始めているようです。本当にそれだけ驚きなのか、ちょっとやそっとの違いだったら、などと言っていた方にも普及しているRuby on Railsの特徴は、やはりその生産性の高さではないでしょうか。DB連携WEBアプリにもAJAXにも対応し、自動生成によってコーディングの手間も素早く解消でき、プラグインも豊富です。
ところでRuby自体はjavaと比べる1つだけ難点が、といえば処理速度はそれほど、という面もよく言われますが、実はRubyの高速化に大きく影響を与えた中学生がいるんです。つくば市の中学生があるプログラミングキャンプでRubyの高速化を選択し、その成果が修正パッチとしてRuby開発者コミュニティで採択されたそうです。
Rubyの話題は刺激的でとても面白く、そして豊富ですが、やはりその言語の素晴らしさゆえ、と言えるのではないでしょうか。

WEBデザイン・構造はレスポンシブが最適かどうか、を考える

レスポンシブデザインといえば最近のWEBデザインに関するキーワードの中でもかなり目立つ存在ですが、モバイル~デスクトップを横断してコンテンツを1つにしてしまうという発想はやはりこれからのサービス開発においてかなりメリットが大きいと言えるでしょう。構築や運用、サイト更新の手間も大きく削減できます。またこのように多くの方は開発コストの面からレスポシブのファーストインプレッションを持つと言われますが、実際ユーザにとってはどうなのでしょう?
ユーザは特に意識しないでも見れる、という建前では、もしデバイスごとにフォルダが異なれば手打ちでリロードしなければならない可能性も高まります。しかし、もちろんサイトがPCと同じものであるかどうかは意識する必要はありませんが、実際は使いづらいものになりやすい、という方も多いようです。つまりユーザは速ければ速いほうがうれしくもあり、見やすいことももちろん大切ですが、レスポンシブはコンテンツをすべてダウンロードしてしまうでしょう。このことから遅延しやすいというデメリットが露呈したり、全体的にUXとしてメリットが大きい、と感じることはあり得ない、という意見もあります。あるいは全体のイメージが常に均一である、等のカウンターの意見もちろん多いようですが、レスポンシブ全盛に近い昨今、エンジニアとしてじっくり考えてみたいことかもしれませんね。

MAC OSはエンジニアにとって最も理想的なOSか!?

PC系プログラマーといえば昔はWindows開発者を言う、と認識する方が多かったものですが、最近はWindowsではなかなか飽き足らない、などと言う方も多く、ではやはりLinuxでPHPやRuby、Perlを学んでついでにシステムも学ぶのか、なかなか通だな、などと思えばこれも違うようです。実はMAC OSを開発マシンとして愛用するエンジニアが増えているそうですが、MACといえば従来はデザインツールのようなイメージが強いのではないでしょうか。しかしまず蓋を開けてみれば、MAC OSは列記としたUNIXなんですね。このことからまず言えるのが、Windows上でCYGWIN等を導入してやや重いかな?などと開き直っていた方も断然MAC OSに変えたほうがいいのかもしれません。

また今主流のOSといえばLinuxが上げられますが、Linux開発するためにもMAC OSは便利ですし、BootCamp、Parallels、VMwareといったパラレルインストールや仮想化ツールも充実していますからWindowsでもLinuxでも仮想化できてしまいます。業務システム系でも組み合わせでテストが必要とあればやはりネイティブUNIXであるMAC OSは第一候補になってしまいますね。

もちろん人それぞれですが、工業製品としてのハードのデザイン性もよく、またOS自体も洗練されていてよりヒューマンな感じからはストレスレスに近いものがある、という方も多いようです。

BaaSで加速するモバイルアプリの世界

モバイルアプリといえば最近のものはほとんどがサーバとの通信機能を備えていると言えるのではないでしょうか。スマホのみで完結するようなものは試用版限定だったり、あまり中身として活用できない、楽しめない、という感じは大きいですね。またモバイルアプリのサーバ機能を考えた場合、意外に同じようなものばかり、とプログラマーの方であれば思うかもしれませんが、サーバを構築することも必要ですし、サーバサイドでデータベース部分を書くことも時間のかかり作業です。

アプリが提供しているログイン機能、お知らせ配信、ユーザデータのバックアップ等はできれば1回作りこんだら終わりにしたい、という方にお勧めなのがBaaSと呼ばれるサービスです。BaaSはサービスの固有名ではなく、汎用的ツールであり、多くのアプリが必要なサーバ機能を簡単に実現できるクラウドサービス、つまりBackend as a Serviceです。すでにここで開き直ってそんな方法があるわけね、と関心してしまった方も多いかもしれません。

たとえばAWSの場合でもサーバハードウエアやリソースをクラウドが提供しますが、プログラム開発もミドルウエアのインストールも全部自前です。もちろんメンテナンスも同様ですが、BaaSの場合はサービスとして基本的に提供されることになります。
日本のBaaSサービスとしては国内初のappiariesが有名です。BaaSとSaaSが混み入ってしまう方も多いようですが、SaaSは限定利用となり、BaaSはより広く、自由に開発ができるサービスと言えるでしょう。

LPICがスタートさせた話題のHTML5資格試験について

将来WEBエンジニアを目指す方にはまず間違いなく大切なスキルだと言えるのがHTML5です。またHTML5をどうやって学ぶのか、と悩んでいる方は国家資格やOracleマスターのような資格試験があればな、と考えている方も多いようですが、実はLPIC、つまりLinux技術者認定試験で広く知られるLPI-JapanがHTML5をメインとした新しい試験をスタートさせると発表したことで話題を呼んでいます。試験はCBT方式によるコンピュータ式になるようですが、Linuxで有名なところからクリエイティブ的な資格が登場したことも注目したいところではないでしょうか。
WEB開発の現場ではプログラマーもコーダーを任されたり、コーダーとデザイナーがほとんど同じ作業をするようなプロジェクトも多くなっていますが、HTML5は今後WEBコーダーやデザイナーだけではなくサーバーエンジニアのカテゴリーまで通じる大切な技術になっていく可能性が大きいと言えるかもしれません。もちろんHTML5といえばその表現力もかなり充実してきていますので、マルチなエンジニアになるチャンスも大きく広がっていくと思います。
試験の概要についてはまだ最上級レベルが検討段階のようですが、初級についてはCSS3を含めたマークアップの部分が試されるようですので、JS等スクリプトを含めない基本的な部分からスタートするにも都合のよい試験システムと言えるでしょう。

インフラエンジニアってどんな仕事?

インフラとは何か形を作るための土台を意味しますが、情報システムの場合はネットワーク部分の運用・保守を担当するポジションがイメージされるでしょう。
数あるITエンジニアの職種の中で今最も注目度が高いのはどれかと言えば、やはりインフラエンジニアだろう、と多くの企業で人事担当者が言うそうです。インフラエンジニアはネットワークやサーバ等のシステムの基幹部分をトータルに任されます。ミドルウエアをサーバに導入・構築したり、システムメンテナンスやスケールアップ等にも関わる大事な仕事です。
またインフラ系はコマンドに強く、ある時にはセキュリティ対応のためにパケットをスニッフィングしたり、メールアドレスの発行、ネットワークケーブルの敷設作業など多方面に関わりますが、その他のカテゴリーのエンジニアとして見ればまるで縁の下の力持ちのように見える、という方も多いようです。プログラマーがデバッグ中にちょっとダンプを取ってほしい、と言えばtcpdumpをかけたり、Windowsサーバのファイルを探したり、またエンドユーザの端末が1台繋がらなければ床下までもぐって末端のハブに新しいケーブルを設置したりもします。
色々な経験がものを言う世界ですが、Linuxであればそのコアをカスタマイズしてみたり、システムコールもあればネットワーク的にはパケットの構造を知るなど、スキルアップするごとにそれが大きな武器となります。もちろん新しい技術にもしっかりフォローできる頼りがいのあるエンジニアになれるでしょう。

インフラエンジニアの重要性を考える

ITで基盤を担当するのがエンジニアですが、日頃からコストセンターな存在といえばまさにこのインフラエンジニアの役どころとなってしまいがちです。新規開発の設計書を書いているエンジニアとはやはり対象的と言えるでしょう。しかしいざ誰も予期できないようなトラブルが発生したら、まさに立場は逆転します。堅牢な設計をしているシステムであれば影響は常に大きくなり、速やかな対応が求められます。インフラエンジニアはとてもメリハリがあってもいけませんし、日頃から慣れてしまってダラダラするのはもっといけません。

なかなかインフラエンジニアはいないとか、独力で経験を積むのは難しいタイプだなどとも言われますが、やはり一般的な開発のスキルを積むことに比較してなりにくい存在であることは間違いありません。でも景気が悪化しても頼れるのはインフラです、コストがないためにサーバをしっかり回してほしい、と直接言われたことがある方もたくさんいます。

インフラエンジニアはまずマシンが好きであることが前提ですし、常に理解したいと思う気持ちも大切ではないでしょうか。また失敗だって少しはあるものです。linuxでいつもはinit3なのにinit6を叩いてしてしまったり、スイッチのVLAN設定を外して2サブネット使えなくしてしまったり、誰もが経験しているかもしれません。もちろん即座に対応すべきですし、失敗続きではxです、よりミッションクリテイカルな領域で自分を鍛えていくことでどんどんやりがいも大きくなると思います。

フリーのための帳簿ツール

フリーエンジニアにとって税務の処理は欠かせません。またエンジニアとしてフリーの方であればほとんどが青色申告に加入しているのではないでしょうか。青色であれば所得控除があったり、色々と税制上のメリットが大きいと言えます。またここで色々なツールをチェックしたりしている方も多いと思います。

たとえば定番の経理・税務ツールとして人気が高いのがやよいシリーズだと思います。1人で常駐案件を抱えている場合はあまりメリットがないかもしれませんが、デザイナーの方にも融通が効くツールですね。

ところで来年1月からは所得金額が300万円以下の白色申告でも記帳や保存の義務が発生することになるそうですが、手続きが簡単だということで白色を選択していた事業主の方も青色にシフトする可能性が高いと思います。また色々なオンラインサービスがありますが、青色申告系のツールも続々登場しているようですね。HTML5にも対応し、業務システムとして携わっている方にもなかなかためになるかもしれません。

スマートフォンで帳簿ができないか、という方にはパソコンとスマートフォンで連動できるタイプのWindows対応ソフトもたくさん出回っています。特別控除である65万円を受けるために必要な複式簿記や貸借対照表、損益計算書等もスムーズに記帳でき、常日頃はスマホからレシートを足していったり、パソコンに連携させることが可能です。

大規模データ解析技術を学ぼう!

Hadoopといえば今最も注目を集めている技術の1つと言えます。大量のデータをとても手軽に複数マシンに分散して処理でき、オープンソースで構築できるプラットフォームとしても人気があり、企業ユーザもどんどん増えています。Hadoopの基本は分散処理であり、1台のサーバマシンでは1週間もかかってしまうような処理をほんの数時間で終わらせてしまうことができたり、複数マシンですから従来は分散させるためにはプロセス通信や障害対応なども考えなければならなかったものを、Hadoopにほとんどの処理を任せることができ、管理者も開発者にとっても処理内容だけに集中できるというのも大きなポイントです。

最近はMicrosoft製のpaasとして人気のWindows Azureでも採用されていますね。つまりWindows Azure上でHadoopによるクラスタ処理を実現できる、HDInsightと呼ばれるビッグデータ解析ソリューションのことです。インフラサービス上にHadoopを導入する時間をかなり削減することが可能です。PowerPivotやPower ViewといったMicrosoft製BIツールとも統合し、解析作業についてもかなりの利点があるようです。

まさにビッグデータ時代の救世主とも言えるApache HadoopはSE、プログラマーを問わずエンジニア案件としても増加中です。OSS系エンジニアの方にとっても突っ込みたいスキルですね。

クラスタでノンストップを実現

クラスタシステムといえば、一般にはたくさんのサーバを1つのサーバのように稼動させるシステムを意味します。たとえばスタンバイサーバがあって常に本番機と同期スタンバイしているようなシステムですね。たとえば今流行りのクラウドサービスや仮想化技術といえばメインのサーバ上にたくさんのサーバが存在するようなイメージですが、メインのサーバが1台だけの場合はやはりサービスが停止する可能性が高いと言えます。もちろんデータベース的にRAIDもあればノードバックアップもありますが、ノンストップとなるとやはりクラスタに依存するところが大きいでしょう。

またクラスタといえば今代表的ツールとしてHAクラスターソフトウェアであるLifeKeeperがあります。HAとはHigh Availability、つまりクラスタアーキテクチャーの中でも高度な部類に入り、障害が生じた場合にスタンバイ系に引き継ぎ、通常時は常にリアルタイムにレプリケーションをとっていますのでうりふたつのシステムが維持されます。

LifeKeeperはOSS系のツールとの相性もよく、インターネット上のサービスでもコストパフォーマンスをアップするために採用するところが増えています。HAクラスタとしてLifeKeeper、Windows Serverのクラスタリング機能と同期させたり、ブレードデータレプリケーションと連携を取る、といえばインフラエンジニアのカテゴリーですが、需要も大きい技術と言えます。

認証技術とOSS。LDAPの幅広い知識を学べ!

社内システムやWAN環境においても認証技術は大事なポイントです。また大規模になれば中央にある認証システムに委ねているところがほとんどです。また大規模から中規模まで拡張性においても信頼性が高いディレクトリサービスといえばLDAPがまず第一候補と言えますが、WindowsでいえばActiveDirectoryがありますので、このシステムに一任しているのが普通では?という方も多いようです。

他にはOpenLDAPも認証用に多用されている技術です。インターネット越しのシステムではもちろんと言えますし、Google Appsを代表とするクラウドサービスを利用するときも企業内ではOpenLDAP、あるいはActive Directoryとのアカウント統合マネジメントはほぼ必須と言えるでしょう。OpenLDAPはOSS系のID管理ツールとして代表的であり、これからのクラウド時代のアカウント管理ツールとして運用管理エンジニアも必携の技術かもしれません。スキーマやオブジェクトクラスの設計等はデータベース管理者的スキルにも通じるものがあります。

LDAPといえば他にもたくさんのツールがあります。Sun Java System Directory Server、eDirectoryやOSS系ではFedora Directory Server、Apache Directory、OpenDSなども。10年以上開発が続けられているOpenLDAPはこの中でも導入実績が一番と言えます。

PostgreSQL的最新アドミンツール

オープンソース系のデータベースといえばMysqlと並んで有名なPostgreSQLがありますが、最近GUI系のアドミンツールとしてPostgreSQL Studioがリリースされ話題になっています。現行的にはやはりpgAdminが有名ですが、こちらはGlobal Development Groupからりリースされたサーバインストール型、つまりWEBで利用できるツールですのでより可用性は高いと言えるでしょう。また基本はjavaのためapache、tomcatの組み合わせになり、Jenkins等と同じようにwebappsフォルダに放り込むだけのインストールで有効になります。

またリッチクライアント系というよりは機能はあまり多くないようですが、今後テストから本番環境へと移行するようなユーザが増えていくかどうか、またオープンソースですし、Ajax的インターフェースも快調で、HTTPSを実装、またシンタックスハイライトにも対応していますので、機能強化もどんどん進んでいく可能性も大ですね。データベースベースのフレームワークか、などの意見もありましたが、プラットフォームに依存しないのはまずめでたいとも言えます。

PostgreSQL StudioはデータベースエンジニアやDBAの方にとっても使いやすいツールだと思います。バージョンが新しいうちから基本機能を抑えておくのが理想かもしれません。

ブレードサーバで差をつける!

サーバラックかブレードか、旧式のラッキングを見直すような場合はまずブレードサーバが検討される可能性は大ではないでしょうか。従来はブレードサーバーは企業のサーバルームではなかなか荷が重い、つまり重すぎて収納できない、などとも言われてますが、最近はサーバラック側の工夫の方法も進んでいるようです。

ブレードといえばやはり仮想化をイメージするでしょう、高密度なインフラ実装の立役者といっていいと思います。ブレードとは刀を意味しますが、まずサーバブレードと呼ばれる1台のサーバがあり、電源やファン等は共有が基本になります、つまりエンクロージャーにたくさんのブレードが入るわけですが、スペース効率が高まる代わりに1枚のスペックはラックマウントに比較して劣る部分もあります。それでも電力や運用工数などのメリットは大きく、また最近はどんどんハイスペックなブレードがマーケットにも登場しています。

ブレードサーバと聞くと2001年ごろに登場したのが日本では初期のブレードサーバになりますが、企業のインフラエンジニアのスキルとしてはまず抑えておきたい技術と言えるでしょう。ブレードとのコンビネーションでvmware、xen等の仮想化技術に精通していればやはり一目置かれる存在ではないでしょうか。

※ブレードサーバは重過ぎますので、インフラ系エンジニアとして体力に自信があっても運ぶことは意識しないほうがいいでしょう。

オープンソースとして名高いxenの魅力とは

サーバ仮想化に関する技術といえばVMWAREが有名ですが、オープンソースってないの?とつい考えてしまうOSS派エンジニアの間ではxenが有名です。xenも基本はホストOSの上に複数のゲストOSを動作させる技術であり、また完全仮想化と準仮想化という2種類の仮想化があります。完全仮想化はゲストOSに変更のない仮想化であり、準のほうはゲストOSに修正を加えるのですが、オーバーヘッド軽減のためにカーネルを改変します。つまりハードウエアをエミュレートするために必要なポイントを軽減できます。よくxen対応のカスタムカーネル構築、という題名の記事をネット等でも見かけますね。

xenではLinuxがホストになりますが、RHELの場合はxen用に仮想化コンポーネントが提供されています。具体的にはインストール時に仮想化を選択するだけでホストOSをセットアップできる仕組みですが、ソフトウエアを追加する機能によって後からセットアップも可能です。

WindowsについてもゲストOSにできます。xen自体はオープンソースということでオーバーヘッドの削減にも強く、やはり誰もが使いやすいといえる仮想化技術といえばxenが筆頭ではないでしょうか。もちろん企業の情報システムの分野でもこれから利用頻度が高まっていくと思います。クラウドだけではなく、今ではシステムの隅々まで仮想化の波は押し寄せていると言えるでしょう。

セキュリティ対策と技術動向

運用管理エンジニアといえば、やはりセキュリティ対策に関わるタスクはとても重要なポイントです。また最近はクラウド系システムを導入する企業が増えていますが、クラウドでももちろんネットワーク越しにポイントを移したり、セキュリティポリシーをしっかり立てていく必要があると言えるでしょう。

具体的に最近のシステム環境はどうなっているのでしょう?たとえばクライアントは従来からWindowsが主流ですが、Windows8になるとデフォルトで装備されているセキュリティ機能も一層アップデートしていますね。ポイントとしてはWindows Defenderというツールですが、ウイルス対策としてMicrosoft Security Essentialsも合体し、ウイルスやスパイウエア、マルウエアにも対応するスグレモノが登場したという噂もよく耳にします。とはいえMicrosoftの技術だけではまだまだ経験値が低いとも言えます。オンラインバンキングでは偽画面を装ったり、最近のネットバンキングはかなり危険な領域だと言われていますが、facebookやTwitter等の個人情報もかなり危険と言えるでしょう。もちろんAndroidやタブレット、Macユーザも他人事ではありません。

運用管理エンジニアやインフラエンジニアも、自分のポジションをしっかり守るために、という勢いでセキュリティには意識的になるべきでしょう。

最重要課題とも言えるセキュアプログラミングとは

アプリケーション開発で重要なポイントといえば、基本的に使用する技術をしっかり把握して最適なプログラミングをする、エンドユーザの思い通りのユーザビリティを実現する等も大切ですが、最近はセキュアプログラミングの重要性が多方面で取り上げられています。セキュアプログラミングとは?WEBアプリであればHTTPプロトコルとは何かを知り、例えばSQLインジェクションやスクリプトインジェクション等の危険性を回避したり、セッションハイジャックと呼ばれる手法についてもアクセス認可の実装をしっかりお膳立てしなければなりません。

日本のITプロジェクトではセキュリティ設計の観点がとても希薄だとも言われていますが、まずセキュリティとは企業全体でカバーすべき領域です。セキュリティエンジニアとして企業のセキュリティポリシーを設計するような案件も多少は増えているようですが、企業の体質自体がまだまだレベルの高いセキュリティポリシーを立てるまでは至っていないのかもしれません。

プログラマーやSEが上流、下流の開発工程に携わる時、下流ではすでに取り返しがつかないような脆弱性を含んでしまわないように、やはり要件定義の段階から論点を意識できなければならないと思います。情報セキュリティといえばIPA、つまり独立行政法人 情報処理推進機構が公開している文書類も参考になると思います。セキュア・プログラミング講座や安全なウェブアプリケーションの作り方、という名前のPDFファイルも公開されています。

AJAXできれいなインターフェースを!

最近はWEBブラウザってけっこう使いやすくなってるね、なんて意見をよく聞きますが、通信環境が遅いような状況でも使いやすいサイトは確かに増えています。ではこの原因は何かというと、パソコン、OS、ブラウザなどにやはりありそうですが、1つにはAJAXという技術にも高い影響度があると思います。

AJAXって?簡単に言ってしまえば、ブラウザで再読み込みをしなくてもデータ交換ができてしまう技術、と言えます。つまりリロードすればまた全体を引っ張ってきてページを表示しなおすことが当たり前だったのですが、AJAXによってJavaScript部分だけでデータ交換ができてしまうんですね。他の言葉で言えば無駄がかなり縮小されたとも言えるでしょう。AJAXは作りこめば必要な部分だけ動作させればいいことになります。そして必要であればページの一部をすんなりと更新してくれますから、ネイティブアプリのような使いやすさ、という方も多いのが頷けます。

スポーツクラブのような名前ですが、Asynchronous JavaScript and XMLの略名です。XMLといえば最近注目されていますが、代わりにJSONを使用して通信するのが流行りです。またドメインが同じでないとならない、というセキュリティ上の決まりがしっかりとあります。やはりjQueryのAJAX関数、これはもうWEBエンジニア必携の技術ではないかと思います。

curlでリッチクライアントに強くなろう?

リッチクライアントという言葉から何をイメージするでしょう?昨今の企業の業務システムを見てみれば、クライアントサーバ型からWEBブラウザをメインに使用するWEBアプリ型へ移行しつつあります。またこの時点で問題になるのが、ネイティブアプリよりも機能面で落ちる、とか、操作性についてもやや低下してしまうこともあげられます。リッチクライアントはWEBベースの高速で高機能なクライアント環境を意味し、たとえばMicrosoft製のリッチクライアント製品はスマートクライアント等とも呼ばれますね。

リッチクライアントからcurlを引き出すエンジニアも多いと思います。curlではクラウドに格納されたフリーのAPIをクライアントがダウンロードし、色々なことが実現できます。APIの数は4000を超えるという規模ですから、かなり豊富な機能にアクセスできるようになります。
HTML5が登場したりCSS3でフラットデザインやレスポンシブデザインを実現する時代といわれたり、WEBの中身はこれからもどんどん進化してくような気がしますね。

ところでシンクライアントとは?リッチクライアントの対比のようですが、必要最低限なハード、つまり低価格な端末をシンクライアントと呼びます。アプリをサーバ側で一元管理できるために運用管理コストが大幅に削減でき、情報漏えい対策にも一役買う技術として注目されていますが、学校などでもよく聞かれる言葉です。

Perl用フレームワークならSledgeがお勧め!

大規模化が進む最近のWEBアプリケーション開発における大きなポイントといえば、コストダウンや堅牢性、開発効率のレベルアップなども入ってきます。またサービス、ユーザビリティ等のキーワードに加え、基幹システムの一角を担うような信頼性の高いアプリ開発もどんどん行われてきていますが、レガシーシステムをアップデートするよりはかなり時間がかかると言われていたWEBアプリも、今では開発工数がかなり短縮化の傾向にあります。

エンジニアであればもうおわかりだと思いますが、今では各種のWEBフレームワークというものが存在し、様々な言語向けにフレームワークの淘汰の歴史が始まろうとしています。例えばRuby、Perl、PHPやJava系のものは特にたくさん見られます。

この中でPerlのフレームワークというとCatalystがまずデファクトですが、Arkなどは最新、そして古いものはSledgeがあります。SledgeはMVCアーキテクチャーを採用し、比較的作業が楽であり、またmod_perlを多様するWEBプログラマー向けでもあります。SQLを使用したセッション管理も簡単ですがApache2&mod_perl2には非対応です。apacheをインストールする場合はフォースすればすぐに構築可能です。柔軟で現在でも難なく通用する魅力的なフレームワークの1つですね。あのモバイルファクトリーが運営していたコミュニケーションサービスとして有名なWassr(ワッサー)もこのSledgeがベースになっているそうです。

HTML5とPHPは強力コンビ

PHPといえばたくさんのフレームワークがあることも有名ですが、開発環境としてNetBeans IDEも有名です。HTML5を利用したクライアント側のアプリを作るためには最適、リッチアプリ、レスポンシブデザインもお手の物、html5向けのプロジェクトファイルもたくさん揃っていて、ライブラリー等も豊富、フレームワーク的な機能ももちろん多彩です。

ところでhtml5といえばすでにサイトを対応させた方も多いかもしれません、に変えたり、シンプルな記述のためブラウザがもっとしっかり対応するまで待てない、なんて人もいますが、HTML5使いだすなら今が旬だとやはり思います。

HTML5が主流になる前に、あるいはもう主流といってもいいですが、WEBサイトの更新関係だけはできるだけミスらないようにしたいものです。新しいサイト構築だけではないですからね、WEBデザイナーの方であれば特に気になることですし、PHPエンジニアにとっても大体同じようなものでしょう。

HTML5といえば、HTML5の将来を左右するとも言えるAppleとGoogleは対立してることで有名ですが、Facebookの創始者もHTML5に賭けたことは失敗だった、と公言しているとか、、発展するかどうか、実際はまだまだ話は早いとも考えられるかもしれません。

HTMLと周辺技術を学ぶ

HTMLコーダーとしての役目とは、やはりまずはHTMLとCSSが使えなければ話になりません。この技術を駆使できてこそまず基本ができている、と見なされるでしょう。では他には?Flashやphotoshop、SAI等のデザインツールの知識もあったほうが得ですね。どうせ扱うんだったらどちらもおぼえてしまおう、という方も多いようです。

またHTMLコーダーになってみればわかると思いますが、他にもたくさんツールがあることは覚悟しておくべきでしょう。たとえばCMSがあります、コンテンツマネージメントシステム、略してCMSですが、HTMLソースを読めなくてもある程度WEBサイトを構築できます。またHTMLコーダーであればある程度カスタマイズできることが理想です。ワードプレスやムーバブルタイプなどが主流ですが、PHP言語で書かれていたり、色々です。ですからWEBのフロントエンドの技術は全般を知っておくべき、とも言えます。HTMLはテキストエデイタで書くかというと、これもかなり古いでしょう、ドリームウイーバー程度は使いこなせて当然、fireworksもできないとえ?と言われるかもしれません。

HTMLは基本がとても簡単です、つまり3分もすればブラウザにハローワールド!と表示できるようになります、このことでそれ以上進まないで辞めてしまう方も多いようです、つまり逆に習得しずらいという方もいます。

COBOLは強い見方

COBOLエンジニアは現役でバリバリ活躍する方が多いことをご存知でしょうか?VisualStudioやEclipseでもCOBOLの設計・開発は行われています。メインフレームの時代に事務処理だけに偏っていた頃の面影もありますが、オープン系のプラットフォームでもしっかり顔なじみな技術です。今はシステムで大切なデータの部分はデータベースが守っていますから、C言語やPHP、javaなどからアクセスするのが一般的だろう、という方も多いようですが、実際はCOBOLは昔からデータベース連携が強いですね。COBOL2という規格からは、ちなみにこれは国際標準ですが、オブジェクト指向COBOLのアプローチも堂々と追加されています。つまりCでもjavaでもかなり親密になり、連携ができるようになったわけです。

しかしながらCOBOLって慣れない、という方が多いのは、他の難しい言語を志向する方が多いからに他なりません。COBOLは理解しやすいです、他の言語をマスターした人もスキルアップにはちょうどよい材料ではないでしょうか?フリーランスの方にとってももちろん、仕事が無くなる心配がほとんど無い、とも言えますね。

COBOL案件も豊富なところをご紹介します!

フリーランスの生き方をサポートしてくれる、力強い見方になってくれる、そんなサイト、今まで経験したことがありますか?まさにフリーランスベースとして人気のサイトです。

cobolをプログラミング言語として使う求人

cobolはプログラミング言語のひとつでありその歴史は古いものですが、今でもなお現役として、多くのシステムで使われ続けています。
プログラム言語の特徴としては、非理系であってもプログラミングすることのできる言語として設計されていることが挙げられます。

英語に近い記述のコマンドや構文であるため、そのほかのプログラミング言語と比べて関数や数式が中心になりにくく、読みやすいという利点があります。
cobolは事務処理用に開発された言語であるため、現在でも多くの企業における事務処理システムや政府機関などで稼働し続けているのです。

ある調査によると、日本国内ではJAVAに次いで2番目に使われているプログラミング言語であるという発表もあります。

SQLなどを活用する仕事も多いIT業界ですが、cobolからの移行や互換といった目的でcobolも使うことができ、ほかのプログラミング言語にも精通している人材は少なくありません。

そのような中で最近では、JAVAを中心としたプログラミング言語も人気があるため、技術者の確保に企業は力を入れています。

cobolでの運用や開発、拡張を続けている企業や組織が多いからこそ、今後も使われ続けるプログラミング言語であるということに違いはありません。

システムエンジニアやプログラマーとして幅広く活躍したいのであれば、習得しておくべき言語のひとつです。

accessエンジニアはたくさんの案件があります

「Accessエンジニア」というのはあまり聞かない言葉ですが、VBAエンジニアといえば座りがよいでしょうか。いずれにせよバリバリのフリーエンジニアが取り組むイメージのある職種ではないかもしれませんが、実は意外に根強い需要があるのがこの求人だったりします。

Accessのよいところは、なんといっても導入コストが低く抑えられるところです。基本ソフトはパッケージで購入している企業が多いですし、GUIや帳票設計が簡単にできるため、開発工数も少なくできます。さすがにAccessでの大規模案件は滅多にありませんが、ちょっとした単機能の提供などはAccessなどでサクッとやってしまうのが手軽でいいですね。

とはいえ、Accessエンジニアが単体で募集されることは少ないですね。多くの場合、社内のヘルプデスクやインフラの保守を兼ねることが多く求人条件のひとつにAccessが挙げられていることがほとんどでしょう。

oracleやmySQLなどのDBに慣れたエンジニアには、AccessのGUIがまどろっこしいものに感じるかもしれませんが、ひと通りの操作を身につけておくのは幅を広げる意味で悪くない選択肢でしょう。一考の価値はあると思いますよ。

フリーランスエンジニアになるメリットとは

エンジニア・ウェブデザイナーなどでフリーに転身しようとお考えの方は多いかもしれません。
しかし、なかなか収入アップにつながらないという話はよくあることです。
もしフリーランス ITとして活躍する予定があるならば、どのような案件を見付けるのがベストなのかを見極める目が必要になります。

会社員時代とは違い、倍以上の年収になっている方もいます。
人並み外れた技術を持っていることもありますが、ほとんどの場合は高単価の案件の見つけ方が上手か下手かの違いでしかありません。
これからフリーに転身しようとしている方、もしくは今まで仕事に恵まれなかった方は、エンジニアやIT関連に特化した求人サイトを利用してみましょう。
お勧めのサイトはENGINEER NAVIです。
他のサイトと比べても、高単価でより専門的な仕事を見付けられます。

サイトの大きな特徴としては、フリーランス ITが選びやすい業務委託案件がそろっているところです。
しかも、そのほとんどが直案件なので、仕事の内容や報酬に関する交渉がしやすくなっています。
技術や実績に自信がある方であれば、ENGINEER NAVIの利用がおすすめです。

javascriptで次世代WEBのリーダーに

javascriptはウェブになくてはならない存在のプログラミング言語です。
裏を返すと、勉強不足だったり苦手だったりすると、エンジニアとしての仕事は少なくなると考えても過言ではありません。

フリーランス javascriptで活躍する方なら、エンジニア専門の求人サイト『ENGINEER NAVI』への登録がお勧めです。
最初から業務内容が明らかになっているので、仕事が始まってからのトラブルは極力避けられます。
高単価の案件が多いので、今まで以上の収入アップも見込めます。

サイトの運営実績は5年以上です。
独自で築いたネットワークのおかげで、業界でも安定している大手・小規模事業者多数と契約をしています。
ほとんどが直案件なので、報酬の交渉がしやすいです。

さらなる年収アップを狙っている方には、ENGINEER NAVIがお勧めです。
完全に無料で利用でき、エンジニアナビから交渉してもらえるシステムになっています。

フリーランス javascriptとして飛躍するチャンスも十分にあり、交渉次第では現在の倍以上の収入も不可能ではありません。

SEとしてフリーランスになるためにエージェントを選ぶ

SEの転職にはさまざまな形があります。
正社員から別会社の正社員になる方もいれば、契約・派遣社員で職場が変わる方もいます。
独立をする方もいるでしょう。
フリーランス SEとして、いろいろな企業からやりたい仕事だけを請け負う方もたくさんいるはずです。

独立する場合は会社を立ち上げるので問題ありませんが、フリーになる場合は注意が必要です。
案件を選ぶ求人情報を選ばないと、フリーになっても全く稼げない状況を生んでしまいます。
いい仕事探しをしたい方は、ぜひENGINEER NAVIへ登録してください。

ENGINEER NAVIはエンジニアの専門求人サイトとなっています。
しっかりした企業ばかりが登録されているので、高単価の業務委託案件が豊富です。
サイトが地道に築き上げてきたネットワークのおかげで、大手の有名企業から個人事業者までの案件がそろっています。

独自の「サポートプログラム」も人気があります。
ライフサポートサービスでは、リゾートやホテルなどの福利厚生をうけることができるので、
仕事以外の時間も充実したものになります。

フリーランス案件ならこちらのサイト!

エンジニア・プログラマー・ウェブデザイナー・イラストレーターなどの職業は、企業に属さずにフリーランスで活躍される方もたくさんいらっしゃいます。
職種によって単価に差があるのはもちろんですが、高収入と低収入の差が激しいのもフリーランスの働き方の特徴です。
どうしてこのような差が生まれるのでしょうか?

・技術の差による収入格差

一番考えられるのは、技術の格差によるものです。
しかし、知識があっても技術が伴っていない方も結構います。
それなのに高収入だとするとなんともやりきれない気分になりませんか?
実は、フリーランサーの収入格差は技術だけが問題ではないのです。

・求人内容を吟味

技術はあると自負しているのに、求人内容を吟味できていない方がほとんどです。
フリーランス 募集の求人はどのように探していますか?
元職場のつてや友人からの仕事を請け負っているということはないですよね?
高単価の仕事と巡り合うためには、自ら職探しをしないといつまでも高収入にはなりません。

・フリーランス 募集ならENGINEER NAVI

エンジニア・IT関連を専門とする求人サイト『ENGINEER NAVI』なら、低収入から解放できるチャンスがつかまえられます。
どれも高単価の業務委託案件で、初めから業務内容も分かっているので安心して応募できます。
コーディネーターによる紹介制度も導入されているので、担当者に技術力をアピールして仕事がもらえる方もいるくらいです。
今まで仕事に恵まれなかった方は、一度登録してみましょう。

access開発は意外にニッチで高単価

どの企業のパソコンにも入っているソフトの一つにaccessがあります。
wordやecxelを使える方は多いですが、設計を必要とするaccessを使いこなせる方はなかなかいません。
そこで外注を使う企業が多いです。

しかし、accessを使いこなせる素人もたくさんいるため、個人(フリーランサー)は低く見られがちなところもあります。
もしフリーランス accessで仕事を取りたいのであれば、高単価で提示してくれる企業を探さなければ低収入になること間違いなしです。

高単価での業務委託案件をお探しなら、ENGINEER NAVIがお勧めです。
エンジニアやIT関連の仕事に特化した求人サイトなので、高品質の案件ばかりがそろっています。
サイトには初めから業務内容がされているので、とんでもない仕事を任されるということもありません。

サイト自体は5年以上前から運営されています。
企業とじっくり信頼関係を築き上げているので、エンジニアたちが不満に思う仕事を提供する会社は登録されておりません。
大企業も小規模事業者も登録されており、企業カラーはさまざまです。

フリーランス accessには紹介制度といったうれしいシステムもあり、技術力を惜しげもなくアピールできる場となっています。
専任担当者から連絡がもらえ、直接交渉ができるので高収入が見込めます。

人気のandroidアプリ開発案件とは

エンジニアにとって飛躍のチャンスとなっているのが、スマートフォン市場です。
勉強不足であるとかまだ手を出していないという方も、これから学んでいけば今以上の収入が見込めるようになっています。

今最も強いのは、フリーランス androidの開発者です。
時代よりも一歩先に歩き出している方しかフリーで働けないので、スマートフォンに関する開発をしている企業からは必要とされる存在になっています。

業務委託案件をお探しのフリーランス androidには、エンジニアの専門求人を行っているENGINEER NAVIをお勧めします。
ある程度の仕事内容も公開されているので、応募するのに安心感があるサイトです。
どれも高単価なものばかりで、他のサイトとの違いも感じられます。

登録されている企業は大手・中小企業・個人事業主など、さまざまな企業です。
どの企業も信頼できる企業で、やりたい仕事が決まっている方からどんどん仕事が決定していきます。
直案件がほとんどで人気が高いです。
すぐになくなってしまう案件もあるので気を付けましょう。

技術力には自信があるというフリーランス androidなら、ENGINEER NAVIを利用してください。

応募するだけで高収入が目指せるので、利用しない手はありません。

as/400ってレガシー?それともリアルタイム?

as/400は多くの企業で取り入れられている事務処理用のコンピューターですが、若いエンジニアでは取り扱えない現象も起きています。
現代のシステムエンジニアの傾向としては、ソーシャルゲーム開発やスマートフォンアプリ開発を専門とする方が増えており、従来のコンピューターやソフトの開発は未経験ということも少なくありません。
そのため、フリーランス as/400もなかなかいない現状となっており、企業が頭を抱えることにもなっています。

フリーで働いている方の中には、昔からの技術を十分に備えている方もいることでしょう。
やりたい仕事ができていないというのであれば、フリーランス as/400の業務委託案件も取りそろえている求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか?

エンジニア・IT関連の専門求人サイト『ENGINEER NAVI』には、従来からのシステム開発案件もたくさん掲載されています。
開発者が減っているため、報酬単価が高めになっているのでお勧めです。
最初から業務内容も公開されているので、よく分からない求人に応募するよりも安心感があります。

非公開求人もあるので、サイトの案件にはあまり応募したくない人も安心して下さい。
かなりの数の求人数が非公開なので、必ずうけたい案件が見つかるはずです。

cobol案件は今が旬!

cobolは多用されているプログラミング言語で、多くのSEが習得しているスキルでもあります。
必要とされるスキルなので、求人内容が豊富であるという特徴があります。
その反面、フリーランス cobolの案件では低単価のものも多く存在しているのも事実です。
なかなかいい案件に巡り合えない場合は、利用する求人サイトを厳選しなければなりません。

フリーランス cobolにお勧めのサイトとしては、エンジニアに特化した求人ばかりを扱っているENGINEER NAVIがあります。
高単価の業務委託案件の多さに、初めて利用する方は驚かれることもあります。
登録前から業務内容は閲覧が可能なので、一度ご覧になってみてください。

サイト自体の運営実績は5年以上もあります。
質の高い多くの企業と契約しているので、仕事探しに悩むこともありません。
他の求人サイトと違うところは、直案件が豊富なところです。
サイトから応募をしても、ある程度の交渉は専任のコーディネーターと一緒になって
交渉することが可能になっています。

フリーランス cobolにうれしいシステムもあります。
非公開求人の案件もあることです。これは、登録してくれたフリーランスの方のみに
公開している求人なので、一度面談にいってどんな案件があるのか見てみましょう!
実績・スキルともに自信がある方は、大いに利用しましょう。

dbaになるならフリーランス契約がお勧め!

社員としてdbaの仕事を担っている方もいますが、基本的にデータベースの管理だけを行っている方は少ないです。
他の業務との兼任もしているので、専門で仕事をしたい方はフリーを目指した方が収入アップにもなります。

絶対に必要な仕事なので、フリーランス dbaに任せられるなら任せてしまいたいと考えている企業は少なくありません。
エンジニア・IT関連に特化した求人サイト『ENGINEER NAVI』には、豊富な業務委託案件が載せられています。

サイト自体は5年以上前に開設されました。
顧客のネットワークは幅広く、大手から個人事業主まで幅広い企業が求人を載せています。
カラーは違えど、どれも高単価なものばかりであるのが大きな特徴です。

ENGINEER NAVIの強みとしては、直案件が豊富である点です。
しかし、フリーランス dbaにとって最も大切なのは、収入アップと仕事内容の質の高さではないでしょうか?
その点も納得のいく案件があります。
ENGINEER NAVIを利用すると、コーディネーターの担当者から直接連絡がもらえます。
単価の設定や業務内容はフリーランス dbaの方から提示できるので、企業側が納得できるだけのスキルがあれば交渉成立になります。

利用しやすい求人サイトなのに、全ての利用は無料になっています。

htmlコーダーの幅広いタスクとWEBデザイン

ウェブ制作の基本中の基本とも言えるのがHTMLとCSSです。
最近はプログラミング言語の多様化で、基本を扱えないウェブ関係者も増えました。
そこで必要となるのがhtmlコーダーです。
どのブラウザーで表示しても問題を起こさないように、的確なコーディング作業ができる人が求められています。

もともとはウェブデザイナーの仕事の一つとして組み込まれていましたが、コーディング作業を切り分けて行う会社が増えました。
仕事量が膨大になるために行われており、外注でフリーランス htmlコーダーを頼む場合もあります。

フリーランス htmlコーダーに求められているのは、単純にコーディング作業を行うだけではありません。
ソフトを使用したHTMLやCSSの作成だけではなく、手打ちの作成スキルは必須となっています。
ユーザーの立場に立ってコーディングできるスキルも必要です。
そのため、ソフトをうまく使いこなしてデザインだけができるアマチュアにはできない仕事となっています。

スキルに自信のあるフリーランス htmlコーダーであれば、自ら売り込むくらいの勢いが必要です。
エンジニア・IT関連を専門とする求人サイト『ENGINEER NAVI』には、専任の担当者がついてくれます。
サイトを利用すれば担当者から直接案件を紹介してくれるので、利用しない手はありません。

iphoneアプリ開発で高単価を狙え!

iPhone5の発売でさらにiPhoneユーザーが増えました。
それに伴うアプリ開発も重要視されています。
スマートフォンが進化し続ける限り、今後もこの勢いが止まることはないでしょう。

フリーランス iphoneアプリ開発には、正社員として雇われている人材以上にスキルや実績を重要視されます。
まだ歴史の浅い市場ではありますが、エンジニアの技術力には既に差が出始めています。
少しでも自信のある方は、今が売り込み時・稼ぎ時となっていることは間違いありません。

高単価の案件に出会いたいのなら、厳選された求人を取り扱っている求人サイトを利用しましょう。
ENGINEER NAVIはフリーランス iphoneアプリ開発の職探しの悩みを解決してくれます。
どの業務委託案件も質が高く、高単価であることが特徴です。

応募案件の多くは直案件で、企業側と単価や仕事内容に関する交渉を担当者がしてくれます。
登録さえしておけば、案件が入り次第紹介してくれるので、すぐに仕事が見つかります。
非公開求人も多いので、まずは登録して話を聞いてみましょう。

充実した求人サイトなのに、登録・利用料は完全に無料です。

objective-cで高単価案件をゲット!

アップル社製のパソコン・タブレット・スマートフォンに必要なプログラミング言語として、objective cが挙げられます。
iPhoneやiPadに押され気味のアップル社製品ですが、Macも引けを取っていません。
以前はWindows一色だった企業でも、Macを導入するケースが目立ってきました。
今やデザイン関係のパソコンに留まることはなくなっているようです。

その勢いもあって、優秀なフリーランス objective cの存在が必要となっています。
基本的にはアプリ開発の会社においての求人が多いですが、必要としているのは開発関連会社だけではありません。
さまざまな可能性を秘めている世界なので、新規ビジネスの立ち上げにかかわってもらいたいと考えている企業も増えています。

objective cのスキルを修得しているのであれば、仕事は豊富にあると考えて良いでしょう。
いい業務委託案件をお探しなら、ENGINEER NAVIを利用してみてはいかがでしょうか。
エンジニアに特化した求人だけを掲載しており、どれも高単価案件ばかりです。
業務内容も公開されているので、関わりたい案件だけに絞って探せます。
制度も充実しているので、収入アップを目指している方にお勧めです。

pmoの存在はプロジェクト成功の大きな鍵

ここ数年の間に注目を集めている職がPMOです。
プロジェクト・マネジメント・オフィスと言われるこの職は、PM(プロジェクトマネージャー)をサポートする縁の下の力持ちのような役割を果たします。
プロジェクトを成功させるにはなくてはならない存在となっています。

大手企業ではPMOを常駐させているところが多いですが、中小企業や小規模事業者では外注によるフリーランス pmoを置くところが多いです。
会社の存続にもかかわる重要なポストなので、単価も他の職に比べて高くなっています。

フリーランス pmoとして大きな仕事を請け負いたい方は、良質な案件を取り扱っているENGINEER NAVIに登録してみましょう。
エンジニアやIT関連に特化した求人サイトで、業務内容が初めから公開されているので職探しが楽にできます。
高単価の業務委託案件が多いのはもちろんですが、ほとんどが直案件であることに驚かれるはずです。

初めてフリーランスになられた方もENGINEER NAVIの利用もお勧めです。
面談で登録してさえおけば、自分のスキルにあった仕事を随時紹介してくれます!
希望ではない仕事であれば断ればいいだけなので、すごく便利なサイトです。

phpプログラマーとして大きな報酬をゲット!

フリーランス phpで仕事をしている方は、よほどのコネがない限りは仕事を請け負うことは難しいとされています。営業をして仕事を取ることが必須ですが、持ち合わせているスキルや実績を上手に売り込めない方もいるでしょう。得意な方は営業するだけで大きな仕事を得られますが、不得意な方は小さな仕事を得るのも難しいかもしれません。

しかし、落胆している場合ではありません。
雇用されるよりもフリーランス phpで活躍した方が収入は大幅にアップするので、自信があろうとなかろうとやってみるしかないのです。
仕事探しに困っているなら、求人サイトを利用してみましょう。
エンジニア・IT関連の求人を専門とするENGINEER NAVIなら、あなたの悩みを解決してくれます。

業務委託案件のほとんどは直案件になっています。
提示されている単価は高単価のものが多いですが、交渉次第ではさらにアップする可能性もあります。
経験年数やスキルによっては、任される業務内容が増えることもあるでしょう。
やりたい仕事ができるのは、フリーランスのいい部分でもあるので積極的に応募してください。

ENGINEER NAVIで担当者に直接紹介してもらう方法もあります。
フリーランス phpとしての実績がなくても、今までの実績やスキルを話して登録しておくだけで、案件があればすぐに電話で紹介してくれますよ。
自信がつけばさらなる飛躍もできるので、営業して仕事を取ることもできるようになるかもしれません

プロジェクトマネージャーはフリーランス契約がお勧め

システムエンジニアとしての職歴が長い方なら、プロジェクトマネージャーの存在がどれだけ重要かはお分かりでしょう。
指揮取り上手なプロジェクトマネージャーがいる現場では、仕事の進行がスムーズにいきます。
トラブルの発生を最小限に抑える重要な役割でもあるので、全く使えない人が立つと現場の雰囲気も悪くなってしまいます。

最近ではフリーランス pmを雇って環境を良くしようとする企業が増えました。
客観的な目線で指揮してもらえるので、現場の空気が引き締まるメリットがあるからです。
そのため、求められるスキルは非常に高いと考えた方がいいでしょう。

いくつかの企業でプロジェクトマネージャーの経験をお持ちであれば、思い切ってフリーランス pmに転身してみませんか?
企業内で雇われているよりも、専門的な仕事ができる上に収入も高くなります。
コネがなくて仕事が不安定になるのは困ると考えているのなら、エンジニアの専門求人サイトをお勧めします。

ENGINEER NAVIには高単価の業務委託案件が豊富です。
応募案件の質が高いのはもちろんですが、非公開求人も多いので掲載案件以外にもたくさんあります。
登録しておくだけで紹介してくれるので、営業力がない方でも大きな仕事が取れる可能性が高まります。

フリーランスと業務委託の微妙な関係

フリーランス・ノマドワーカー・業務委託など、企業に属さずに働く方のことをこのように呼ぶことがあります。
そもそもフリーランスという働き方は、どのようなスタンスに属するのでしょうか?

フリーランスというのは、直訳すると自由契約という意味になります。
企業に属していないので、こなせるのであればいくつも案件を抱えられる働き方です。
仕事の取り方はさまざまで、友人や知人のコネ・営業・求人サイトなどがあります。

フリーランス 業務委託の中で最も紛らわしいのは、本人は自由の身であると考えていても類似契約を禁止している企業もあるということです。
システムエンジニアやウェブデザイナーなどは、フリーランスで活躍している方も多いです。
契約書にしっかり目を通しておかないと、契約違反で仕事が突然なくなってしまう可能性があります。

求人サイトで仕事探しをする際は、フリーランス 業務委託で検索される方が非常に多いです。
フリーランスは業務委託の一部に含まれますが、自由契約ができるかできないかで収入にも大きく反映します。
エンジニアやIT関連でのフリーランサーは高単価であることが多いですが、自由に契約できないとなれば雇用されている時と変わらない収入になってしまうこともあるので気を付けましょう。

vba案件でユーザフレンドリーなエンジニアに

Microsoft社が開発したプログラミング言語VBAは、エンジニアであれば必須スキルの一つに当てはまります。
ほとんどの企業でOfficeシリーズを使用しているので、仕事の幅も広がります。

企業に雇われるのもいいですが、高収入を目指すにはやはりフリーランス vbaが一番でしょう。
特に経験を積み重ねてきた30代後半から40代くらいに掛けては、一番需要が高まるとも言われています。
納得できない仕事を引き受け、忙しいだけで給与が上がらないことを嘆いているのであれば、思い切ってフリーに転身してみてはいかがでしょうか。

フリーランス vbaの仕事探しは、営業をして仕事を請け負う形がほとんどです。
しかし、中にはアピールが苦手な方もいます。
営業ができないなら、優秀な求人サイトを利用する手があります。

エンジニア・IT関連に特化した求人サイト『ENGINEER NAVI』なら、全てのフリーランス vbaの悩みをカバーしてくれます。業務委託案件が豊富で、どれも高単価のものばかりです。
業務内容もサイト内で公開されているので、安心して応募できます。

少しでも実績やスキルが売り込める自信のある方は、ENGINEER NAVIの利用がお勧めです。
担当者が直接電話して交渉してくれるので、営業するよりも楽に仕事が請け負えます。

フリーランスイラストレーターはWEBで個性を磨こう

フリーランスという働き方は、誰もが憧れる働き方ではないでしょうか。
年金のことなどを考えれば不安定な部分もありますが、一生働き続けられるのであればこんなにすてきな働き方はありません。

さまざまな職のフリーランスが存在しますが、フリーランス イラストレーターはわりと特殊な働き方でもあります。
個性の強く出る仕事なので、クライアントに気に入られなければ仕事が全くない時期も出てきます。
反対に、個性が認められればいくらでも仕事が舞い込むような仕事でもあります。

ウェブやスマートフォンに特化したイラストレーターもいますが、原理としては同じことです。
波のある仕事なので、ある程度の流行が過ぎれば仕事が落ち着いてしまう部分もあります。

エンドレスに職探しをする必要があるフリーランス イラストレーターならば、求人サイトを利用した方がいいでしょう。
ENGINEER NAVIであれば、ウェブやスマートフォン関連に特化した仕事がたくさん載せられています。
多くの業務委託案件に応募することもできますし、ひとつの会社から完全な業務委託として契約を取ることもできます。
高単価の案件がそろっているので、どんどん応募してみましょう。

実績をたくさんお持ちの方は、コーディネータが仕事を直接紹介してくれるENGINEER NAVIをお勧めします。
担当者が自ら面談してスキルを聞いてくれるので、大きくアピールできます。
交渉も可能なので、高収入は間違いなしです。

フリーランスにお似合いのスマートフォン技術

2011年の東日本大震災以降、スマフォへの人気が止まらない時代に突入しました。
一足早くスマフォ関連の開発に携わっていたエンジニアは、寝る暇もないくらい忙しい日々を送っています。

企業に雇用されるのもいいですが、やはりこういう時はフリーランスでスマフォが扱える人が強いです。
大手はともかく、一歩出遅れた中小企業や小規模事業者は社内の人材だけでは追いつかない状況を迎えています。
営業を掛けられる方は、どんどん仕事を取ってくれば収入アップの幅も広がるでしょう。

しかし、営業の苦手な人もいますよね?
フリーランス スマフォのスキルを売り込めるだけの実績をお持ちなら、ENGINEER NAVIへの登録をお勧めします。
業務内容は公開されており、ほとんどが直案件になっています。
掲載されている報酬単価は高めですが、スキルによっては高く見積もってもらえる可能性があります。

営業は苦手だけれど、今あるスキルを全て売り込みたい方はいませんか?
ENGINEER NAVIなら、専任のコーディネーターが直接非公開求人を紹介してくれます。
企業から必要とされれば、すぐに連絡がもらえるようになっています。
どのような仕事がいいのかも話し合いできるので、応募案件よりも高収入が目指せます。

cobol言語はjavaよりも人気が高い!?

cobolとjava、あまり比較にならないかもしれません。技術的違いから考えてもやはりそうでしょう。同じプログラミング言語なのに比較する意味はほとんど無い?しかしちょっとこの分野を進んでいくとまさに共通項はたくさん、知っている方も多いかもしれませんが、javaで知られるJ2EE環境でもCOBOLはごく普通に使用されています。javaでビジネスロジックを書くことはインターフェースを進めていくプログラマーにとって若干の違和感はぬぐえないもの、ここで登場するのがcobolです。

データベースシステムを考えてもjavaからのアクセス、いわゆるjdbcとcobol的なSQLの両方は必ずと言っていいほどサポートしています。プログラミング言語として性格が全く違うからこそ得意分野を分け合っている、理想的な協業シーンと言えるでしょう。

それはそうとモダンな言語、javaですから1つでもできないことはありません。好みの問題でもありますが、従来のcobolは何故捨てられるのかと考えるとやはり疑問も大きく感じられます。

世界レベルで見るとcobol採用のプロジェクトはどんどん増えています!たくさんの種類のcobolプラットフォーム、実は隠れた楽しさがいっぱいです!

フリーランスでプログラマーになると、実はあのサイトを構築できるらしい、これからもっと人気が出てくるよね、、などと言われたらどうでしょう?現実味が無いから諦めるでしょうか?

Javaプログラマーにとって大切なこととは

フリーランスになると他人のプログラムコードを読む機会がかなり多くなるね、実際に大きなプロジェクトで、しかも報酬も高い反面、デバッグ傾向が強い、このような不満を言う方は少なくありません。やはり他人のコードといえば正社員にとってはあまりにも知らない世界だった、などということが無いようにしたいものです。しかしながら、プログラムコードをプロジェクト内で最適化し、全体工数を下げるようなツールを駆使してきたエンジニアにとっては尚更大変なことです。

Java等でも多いのがシステムの最適化、WEBのBtoCコンテンツへのアクセスが増え、ユーザの不満も徐々におおくなってきている、このよう場合もフリーランスの力に頼られるケースも多いと思います。IDEに頼りすぎたコードでできていたり、逆にテキストエデイタしか使わないようなケースではより生産性が悪かったりもしますし、カプセル化の概念がまだ意味を完全に捉えていないのでは?など、オブジェクト指向については特にフリーランス的な速読術が必要な気がします。
公開中の案件はこちらです。

最近はHTML5で動画を動かそう!もっと楽にサイトを作ろう!このようなWEBコンテンツが増えています。またスマートフォンやタブレットにおける開発の現場でもすでにhtml5対応の案件が増えている状況です。アニメーションやデザイン以外の実装において、やはりこれから主流となる技術です。

フリーエンジニアを来たれ!無料登録で案件紹介が受けられるサービスがあります。
営業がちょっときつい。。という時に便利です。

PHPはもっとも需要が高いスキル

PHP言語はLAMP環境に代表される様々な開発プラットフォームのために用意されている、WEBサイト構築のために欠かせないツールです。UnixやLinuxは元より、Windows環境で使用できるPHPも種類は豊富です。またPHPの特徴は動的WEBページを生成することです。index.htmlを呼び込むのではなくindex.phpを呼び込むことで、サーバ側はhtmlファイルを動的に生成してブラウザに返します。データベース等の情報から使用者ユニークのフォーマットやデータを生成し、素早い動作でユーザのリクエストに応えます。

またPHPはリクエストの都度ページを生成しますのでオーバーヘッドがなかなか解消できないのでは?というエンジニアもいますが、PHP用のレスポンス向上のためにメモリー上にバイナリーを蓄積するようなツールもたくさん登場しています。

ワードプレスやムーバブルタイプ等の最新のCMS環境を構築する場合にも欠かせないPHPの技術は、BtoCからソーシャルサイト、業務システムからデータウエアハウス系まで幅広い業務アプリケーションに活用されています。

LAMP環境でのサイト構築はもちろん、PHPを使用する案件が豊富に揃っています。オフィス内でのツールとして、エンジニアの運用ツールとしても、インフラ周りの面倒を見るエンジニアにとってもぜひ抑えておきたいスキルです。

その他、話題のスマホの案件もあります。

フリーエンジニアのための情報がたくさん!

マークアップエンジニアはこれからの時代の旬です

マークアップのお仕事とは

IT業界にはマークアップエンジニアというお仕事があります、またこの命名の由来はHTMLの正式名称から来ています、つまりHyperText Markup Languageから取ったわけですが、そうなるとかなり狭い範囲の仕事かと思いがちです、しかし実際はそうではなく、かなり広範囲です。もちろんカバーしておくべきスキルもHTMLだけではありません、HTMLもあればXHTMLも厚かったり、WEBサイトの情報設計、文書構造をデザイン、CMSサイトであればテンプレート設計などもサービスとして含まれたり、javascriptの設計から開発、XML、フロントエンドのUI設計なども入ってくることが多くなっています。フリーのエンジニアさんになると、毎日100ページ以上はザラだよ、などと言います。結局は出来たもの1つ1つのレンダリングが完璧だ、こんな感じの目標をずっと掲げて達成していくような、かなりハードな内容とも言えます。

マークアップエンジニアはものづくりをすることが好きならなれる、とも言われます、エンジニア志向に加えて創造性がある方が理想だ、というわけですが、わかるような気がしますね。javascriptなんか極めるとけっこう楽しいよ、という方もいます。

マークアップエンジニアとして、またフリーとして独立したい方にお勧めです!

webデザイナーになるためのステップ

WEBデザイナーへの道

今もっともなりたい職業、といえば必ず登場するといえるWEBデザイナー、実際どうすればなれるものなの?まずデザインですからセンス、色彩感覚は基本と言えますし、他にはWEBコーデイングのスキル、つまりHTMLを知っていることも条件として相応しいと言えます。特にHTMLについては素早くコーディングできる人がいい、何故ならそっちにあまり時間をかけていられないのが実務であるからですね。デザイン検定などもありますが、企業によっては優遇するだろう、という程度でほとんど気にしないところが大半のようです。他にはマーケティング関連やPHP等の本格的なプログラム言語のほうも、こちらは資格試験を取っておくといいかもしれません。

ではフリーランスになるには?WEBデザイナーといえばやはり将来は独立したいという方が多くいますが、コツコツ作っていきながら法人を設立する方もいます。それから最近面白いのはSOHOやフリーの方がコワーキングをしながら仕事をするケースです、シェアオフイスを利用しながら楽しく仕事ができる、と評判です。

今の時期とても大事だなと思えるのは、タブレットやスマホ等のモニターが小さいタイプのブラウザですね、WEBデザイナーになるなら1台は持っておいたほうがいいでしょう。

WEBデザイナーの案件も豊富です!デザイン志向の方は近い将来コワーキングに参加しているかもしれません!

時代が求めるuiデザイナーとは

UI/UXを極めるには

WEBデザイナーもあればUIデザイナーもある、最近のIT系デザインの向きはやはり昔とは違いますね、UIデザインって一体何なの?ユーザインターフェースをデザインする、ということは、やはり見た目だけではなくユーザの使いやすさを追求する場面もバリューが大きいといえるでしょう。

もう1つ、UXデザインという言葉もよく耳にしますね、UXはユーザエクスペリエンス、こちらもデザイナーとしては不可欠と言える概念、スキルです、UXはUIを含む概念であり、UXはユーザがシステムにタッチしたときにどう反応するか、その結果として認識や反応が起こる、これらの要素が全て入っている、なかなか難しい考え方ですが、UIはまたタッチされていない世界であるとも言えるでしょう。

UXはデザイナーや他のエンジニア、そしてビジネス系の経営者やマーケッター、営業マンともしっかりコミュニケーションをとり、協力しあって問題解決していくことが必要である、お互いの要素をオーバーラップさせながら最高のUXが実現できる、となるとやはりUXも色々経験が勝負のポイントだと言えます。

UIデザイナーのお仕事は多岐に渡りますし、業界も豊富です、ソーシャル系アプリなどでもよくこの職種の募集が出ていますね。

ところでこちらのサイトをお勧めします!フリーランスの方に!

javascriptでエンジニア力をレベルアップ

javascriptのパワー

javascriptといえばクッキーを保存したり、アクセス回数を表示する、ブラウザの種類によって処理を変えることも可能、などちょっとした細工ができる小技向けだね、こんな感じで把握している人は多いようです。でもjavascirptって実はメインの要素となるコンポーネントにも対応できるんですね。最近は特にjavascript周りのスキルの話題が豊富ですが、Flashのようなアニメーションを作ったから、などと自慢している方もけっこういます。傾向としてはiOSなどでもFlashが使用できませんから、この部分をJavaScriptでカバーしているサイトなどもあります。ビジュアルがメインでなくてどうする、という感じで迫力ある表現をもたらす、もちろんJavaScriptはローカルで動作する技術ですし、メモリもそれほど必要としません、他にはパララックス的手法と呼ばれる技術を用いてサイトイメージをもっとユニークなものにもできるらしいです。もちろんjQueryとかMooTools等のライブラリーの類は是非抑えておきたいものです。最近はtween.jsなんていうLIBも流行しているらしいです。

こちらのサイトはJavaScriptの案件も豊富です、思いっきりフロントエンドエンジニアとして成長したい、という方にもお勧めです!

javaを学んで時代のエンジニアに!

javaを覚えよう!

ITでステップアップを達成するためにもっとも相応しいと言われるのがjavaです。javaは面白い言語です、何故ならパソコンの中にもう1つのjava専用マシンを組み込んでから動作するという特徴を備えています。これがまさにJava Virtual Machineであり、各マシンによってこのJava Virtual Machineが用意されているため、1つのコードが何の変更をすることもなく動作させることができます。

つまりパソコンでなくても動きます、カーナビや携帯電話がよい例ですが、今後もどんどん拡大していくといわれています。またjavaはインターネット上で動作させるためにもかなり効果的でスムーズに実装できるという強みがあります。

このようなことからもjavaの将来性が高いと言えますが、特殊なマシンでなくてもパソコンやサーバ上で動作させるための案件も常に豊富です。サーバ、ローカルのパソコンや携帯電話、WEBサイトなどかなり広範囲にメインの言語として使用できる言語としてjavaを習うための方法ももちろんたくさん用意されています。

javaは挑戦する人も多ければ挫折した人も多いようですが、色々な方法がある中で、書籍やセミナーなどにトライした方も、javaにかける時間が短すぎた、というケースがとても多いそうです。実際に動かしたい、自動化したいことがあってjavaで実装したい、こんな感じで覚えるのがベストかもしれません。

1日400件以上の新規案件!非公開案件も多数あり! 大手企業からベンチャー企業まで1,000社以上の取引実績【ENGINEER NAVI】

圧倒的な案件数と実績でフリーランス・フリーエンジニアの方に指示されています。
フリーエンジニアの経験がなくとも、利用は可能です。

フリーランス、フリーエンジニアの為のIT求人【エンジニアナビ】≫≫≫≫


最近の投稿